一線美術会について

一線美術会の創立

昭和25年7月15日、上野韻松亭において、『吾々は、美の一線にたって、すべてを包容し、すべてを美化する。吾々は、新しい創造と高い芸術の一線を目指して、不断の努力をなし、現代日本文化建設の一翼を負う。』との志を掲げ、

  • 岩井弥一郎
  • 上野山清貢
  • 秋山良太郎
  • 千木良富士
  • 新野 歓一
  • 石上 駒吉
  • 石川久三郎
  • 本村 博之
  • 児玉 勝次
  • 山田  篤
  • 蓑輪初太郎
  • 山田 新吉
  • 紫藤 卓三
  • 西東 重義
  • 横山 嘉平
  • 平田 健三
  • 石井  栄
  • 田村  満
  • 石原  実
  • 町田 文雄
  • 野村  潔
  • 伊藤 徳衛
  • 磯村 利雄
  • 平田 義雄
  • 金子 文吾
  • 神田 房光
  • 村瀬 真治

ほか、同志が相寄り、一線美術を創立した。

理事長挨拶

一線美術会の創立は1950年(昭和25年)戦後の荒廃混乱の中でした。先人達は美術表現の価値観に情熱を奮い立たせ、希望と勇気を持って創立し、今日に繋がっています。
来年は第70回記念展となります。70年という年月に培ってきた美の創造を糧に、表現者として我々一人ひとりが、今在る自分と真摯に対峙し、明るく楽しく時には悩み、葛藤しながら自分の次なるステップへと邁進して行きましょう。
永久のテーマ「魅力ある一線美術会」を求道し、個の確立を目指すには、先ずは健康第一、ひるまず、あせらず、そして一途に、優しき精神を持続して制作に励んでいきませんか。
先人から受け継いだ伝統・文化を、一線美術会の仲間と共に発展させ、次代へと繋げていければと思います。

一線美術会運営組織図

理 事 長
橋 本 光
副理事長
根 岸 富 夫
副理事長
髙 木 八 重 子
理 事 (8名) 事務局長 副事務局長
会 計 副 会 計 会計監査(2名)
顧問・外部審査員
美術評論家

中 野 中
公募展審査員(14 名)
外部審査員(2 名)